ほ、ほ、ほたる来い こっちの水は 甘いよ

2017/07/02
ロゴ

いやぁ綺麗だった、ほたるのひかり。私が最後に「ほたる」を見たのは数年前に古賀政男の「影を慕いて」で有名な宮城蔵王のふもと青根温泉であった。しかし、今日の、いや数時間前の米沢・小野川温泉での光景は、はるかに、それをしのいでいたと思います。なんたって、数の多さが比べ物にならない。その数の多さゆえ、見ごたえがある、いや、有ります。この光景を一緒に見た温泉の宿泊客に聞いてご覧なさい。

光を放ちながら、数多くのほたる達が、ほんの数秒間ですが、空間を舞う。そのたびに歓声があがる状態でした。唱歌に歌われたかどうかは、わかりませんが、幼い頃の想い出が浮かび上がってきたような感傷に浸されること、間違いありません。今、ほんの数時間前の光景を思い出しながら、この記事を書いています。