グループ「わらじ」 徒歩定例会600回達成

2024/07/01
ロゴ

 仙台市を中心とした徒歩グループ「わらじ」が、毎月実施している徒歩定例会が昨年600回を達成したのを期に、ささやかではあるが、節目の報告会を開催した。

 本来は昨年開催の予定であったが、コロナの影響で今年になって開催したものである。6月16日(日)、仙台市内の会場には老若男女のメンバーが大勢集い、互いに旧交を温めあう姿が、あちらこちらで目に付く。何せ600回である、50年の長きにわたって活動を継続してきたのである、お互いに容姿も変化し、感慨深く意に感じることであったろう。運営に携わった面々の苦労が分かるというものだ。

 創世記から今日までの活動の経過や、グループ設立に係わったメンバーからのエピソード、最近話題になっている『オルレ』に関する話題、又、メンバー自身で徒歩活動を奨めている話題、今後の活動方針・計画などが披露された。何せ50年である、私にとっては会場に来て初めてメンバーのお顔を拝見するのがほとんどである。本当に50年という長い年月の経過を改めて思い知らされた。

 600回にも及ぶ活動である、なかには春夏秋冬必ずしも思う通りに運営出来なかったこともあったであろう。足裏にマメが出来て難儀したこともあったであろう。わずか5・60cmくらいの歩幅で目的地までたどり着けない距離の長いこと長いこと。メンバー全員が、それぞれの思い出を胸の内に秘めていると思っている。それがこの600回なのかも知れない。この先も更なる活動の展開を願っている。

 今回の集まりに都合がつかず参加できなかった親しかったメンバーも大勢いた。いつか機会があったら顔合わせしてみたい。又、これまでの徒歩定例会に参加された全国のメンバーの声も聴いてみたい。限られた時間はあっという間に過ぎ、伊達式の手拍子を終え会場を後にした。

 これまで活動に係わってこられた関係者皆さんに、感謝したい。

【食材持ち込み炉端焼き専門店】

【セルフ炉ばたや いずみ・店主のつぶやき】